黒ずみを起こさないように、お尻に気を遣おう

つるつる肌を目指そう

角質ケアでつるつる肌を目指そう

顔は一年中外にさらされている部分なので、思っている以上のダメージを受けています。 冬の厳しい乾燥や夏の強い紫外線など、様々な過酷な環境に置かれているのです。 そのため、乾燥肌になってしまう場合もあり、過酷な環境に負けないように基礎化粧品でケアしてあげる必要があります。 特に顔の中でも乾燥しやすいのが目元と口元です。 皮脂の分泌も少なく皮膚が薄い部分なので、真っ先に乾燥してしまいます。 そのため、しわなどの肌トラブルが起こりやすく、最初に衰えを感じやすい部分です。 乾燥しやすい部分は専用の化粧品などを使用して、早めのケアをしてあげるのが効果的です。 特に乾燥肌の方は保湿力が弱くなっているので、保湿力の高いクリームや美容液などを用いるのが良いでしょう。

乾燥肌の特徴として、肌の表面に古い角質が残っていて、カサカサになっている場合があります。 これは乾燥によって肌のターンオーバーが乱れているため、古い角質が剥がれ落ちにくい状態になっているのです。 この古い角質の影響で基礎化粧品の浸透力も悪くなってしまって、化粧のりも同様にわるくなってしまいます。 保湿成分も肌に浸透しにくいため保湿不足になってしまって、乾燥肌を進ませてしまうことにもなります。 効果的なケア方法としては、ピーリングやブースター化粧品を用いるのがおすすめです。 ピーリングはフルーツ酸などで古い角質を落とすことができて、ブースター化粧品は肌の角質を柔らかくしてくれる効果があります。 最近ではデリケートな肌の方でも安心して使えるものが多数あるので、肌に合った者で角質ケアをしていくのが良いでしょう。